カジアル(リクルートの家事支援サービス)が家事代行業界にやってきた!

家事代行の広がりは外国人労働者にも朗報?

家事代行労働者

東京都では家事代行サービスで外国人労働者の働きを認めることになりそうです。

 

 

諸外国では当たり前の家庭内でのヘルパーさんが日本にも定着してきそう、そう感じました。従来から建築業界や一部のサービス業では日本人がやりたがらない仕事を外国人労働者に委ねてきました。

 

家事代行の市場がいまいち伸び悩んでい原因は家事代行をしてくれる労働者不足です。
仕事のすみわけとして、労働人口が増えれば、多様な働き方が増えてくることを期待します。

 

外国人による家事代行サービスが東京都で解禁される見通しとなった。都が31日、国家戦略特区の規制緩和の適用を申請し、近く政府の諮問会議(議長・安倍晋三首相)で認定される。サービスの解禁は神奈川県、大阪市に次いで3地域目。

 

 同日の国家戦略特区会議に出席した小池百合子都知事は「特例は家庭における女性のログイン前の続き負担を軽減させる」と述べた。認定後、11月にも外国人を採用する事業者の公募を始める。

 

 出入国管理法では原則、家事代行を目的とした外国人の入国を認めていない。特区では、1年以上の実務経験などの条件を満たす場合に在留資格を認める。家事代行サービスを増やすことで女性の就労を後押しし、経済成長につなげる狙い。

 

 先行する神奈川県や大阪市では受け入れ事業者の選定が進み、年内にもサービスが開始される見通しだ。


朝日新聞デジタル2016年9月1日付け


関連ページ

家事代行の背景
カジアル(リクルートの家事支援サービス)は東京23区、川崎市中原区の奥様家事代行。何故、今、家事代行や家事支援サービスが流行るのか、そして家事代行をお願いする側の問題は、何か。その背景をニュースとして取りあげます。
家事代行ニュース
カジアル(リクルートの家事支援サービス)は東京23区、川崎市中原区の奥様家事代行。何故、今、家事代行や家事支援サービスが流行るのか、そして家事代行をお願いする側の問題は、何か。その背景をニュースとして取りあげます。